LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« 【読了】科学哲学っぽいものの超入門書 | トップページ | 【V403SH】ケータイで読書とか… »

2007年12月20日 (木)

オーディオ環境(その1)

平生、私が音楽を聴く環境は下の如し。

 ◆音楽を聴く装置
  デジタルオーディオプレーヤー  Victor Alneo XA-C210
  ノイズキャンセリングヘッドホン Sony MDR-NC32NX

 ◆音楽を聴く時間
 通勤途上 電車の車中約40分、駅~家/会社の歩行中約40分 (片道分)

もちろんこの環境で到底満足できるはずはない。
が、さまざまな事情から、家では音を鳴らすことがままならない。
だから、しばらくは(いつまで?)これで辛抱。

なおAlneoの前は Hi-MDウォークマン MZ-RH10 を使っていた。

ディスク1枚で1GBの容量、既存MD資産も無駄にならないHiMD規格には少なからず魅力を感じていたのだが、やはりオーディオのシリコン化の潮流には逆らえないようだ。Alneoを使うようになってその思いは強くなる一方。

MZ-RH10にも音飛び防止メモリは積んであるはずだが、それでも、ちょっと駆け足したら音飛びした。意外と厚みがあり大きく重かった。それにPCからの転送がとてつもなく遅い。
シリコンオーディオやHDDオーディオではそのような不満点がほとんど解消されている。

MZ-RH1が最後のMDとなるかも……

« 【読了】科学哲学っぽいものの超入門書 | トップページ | 【V403SH】ケータイで読書とか… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196359/17019753

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ環境(その1):

« 【読了】科学哲学っぽいものの超入門書 | トップページ | 【V403SH】ケータイで読書とか… »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31