LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« 12月のパパ料理 | トップページ | 東京行1220(その2)・秋葉原~渋谷 »

2009年1月 6日 (火)

東京行1220(その1)・新橋

(今更ながら…)12月20日東京行の記録。

千代田線霞ヶ関駅下車。
15分ほど歩いて本日最初の目的地、新橋へ。

第一目標:ニッパーズギンザ(⇒ビクターのウェブサイト
 
ビクターのショールーム・ニッパーズギンザに行ってきた。
ウッドコーンスピーカーのコンパクト(でも本格派)オーディオ「EX-AR3LTD」(⇒ビクター製品情報を試聴。

・・・惚れた。

心地よい響きにうっとり。
弦楽器の音がとても自然な感じ。木琴の音がゾクゾクするくらい生々しい。小音量でもなかなかいい音で鳴る。

これでSACD再生できたら即買いに走ったかも知れない。DVD-AUDIO(VIDEOも)は再生するのに…。本当に惜しい。

いままでオーディオたるもの重厚長大でなくしてなんとする、と思ってきたのだが、その考えを改めさせられた。
我がウサギ小屋でオーディオするのは、このスタイルこそ相応しい、という気がしてきた。

Mini-ITXで自作するミュージックPCと組み合わせて、机上オーディオなんてどうだろう。お手本はオンキヨーのネットトップHDC-1L(⇒オンキヨー製品情報
夢は膨らみます。

 

Sany0136お金貯めて、ウッドコーンのキット「SX-WD1KT」(⇒ビクター製品情報買おうかな。2、3組。
この値段にこのコンパクトさなら、我の猫の額オーディオリスニングゾーン(ルームですらない)でのマルチチャンネルも夢ではない…かも……

久々に楽しいオーディオの夢を見させてもらいました。

最後に、憧れのニッパー君(6号犬)をおうちに連れて帰りました。

第2目標:旧新橋停車場

Sinbashi_2 「制定80周年 トレインマークの誕生」の展示をみる。

個人的には、満鉄の流線型で鳴らしたあじあ号の各種展示品が面白かった。お見せできないのが残念だが、ビリビリ来るデザインには東亜の興隆に燃える先人の強い意気込みのようなものが感じられた。

ホンモノのヘッドマークは思っていたよりずっと大きく驚いた。
ヘッドマークの図案の原画など滅多に見られない資料あり。
精巧な模型(動かないけど)あり。

なかなか見どころがあって楽しかった。

« 12月のパパ料理 | トップページ | 東京行1220(その2)・秋葉原~渋谷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196359/43581060

この記事へのトラックバック一覧です: 東京行1220(その1)・新橋:

« 12月のパパ料理 | トップページ | 東京行1220(その2)・秋葉原~渋谷 »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31