LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« “私的”モバイル通信環境・決定版「AIR-EDGE」 | トップページ | 小松亮太、相模大野にあらわる »

2010年2月 5日 (金)

[聴了]碧空~昭和タンゴ・プレイバック/小松亮太

基本的に新しめタンゴを追求してきた小松亮太さんが、長年距離を置いてきた(?)“往年のスタンダード・タンゴ”に取り組んだアルバムです。

タイトル・チューンの「碧空」といえばコンチネンタル・タンゴの代名詞的な曲だと思いましたので、聴き比べのつもりで、アルフレッド・ハウゼ楽団の「コンチネンタル・タンゴ大全集」なるCDを図書館で借りてきて聴いてみました。
なお、これが私Hの知るコンチネンタル・タンゴのすべてです。(「コンチネンタル」ものをしっかり聴くのは全くの初めて)

それで、私Hの感じたコンチネンタル(←ヨーロッパ大陸のこと)・タンゴのイメージというのは、端正で流麗なメロディ、「ジャ、ジャ、ジャッ、ジャジャ。ジャ、ジャ、ジャッ、ジャジャ。」とメトロノームで測っているかのような一糸乱れぬリズム。メロディの崩し、なんてほとんどない。
(正直ちょっと、つまらないな、とも感じた。BGM的にはいいけど、真剣に向き合う音楽としては。“きっちり”し過ぎている。タンゴにはピアソラのようなスリル感を求めたい…)

一方、小松亮太のこのCDは、あくまでアルゼンチン・タンゴ的アプローチで“往年のスタンダード・タンゴ”をやっているのだと感じました。

楽器が多いせいでしょうか、コンチネンタルっぽいサウンドを聴かせる部分も多少はあるのですが、メロディラインに絡みつくような超速弾きのバンドネオンや、勿体つけたっぷりのヴァイオリン、ハラハラさせるリズムの崩し、やっぱりアルゼンチン・タンゴ的だなあ、と感じました。

(ようやく気が付いたのですが、「碧空」がコンチネンタルってイメージが強すぎて、このCDもコンチネンタル風味なのかと、私Hは勝手に誤解していましたが、別にコンチネンタル・タンゴだとは、だれも言っていないんですよね…)

そんな感じで(どんな人が聴いても)“これぞタンゴ”的なおなじみの名曲満載となっています。
「ジェラシー」「碧空」「ブルー・タンゴ」から「バンドネオンの嘆き」「エル・チョクロ」「ラ・クンパルシータ」などなど

昭和タンゴ・プレイバックといっても、昭和を12年間しか生きていない私Hには、はたして往時の日本におけるタンゴがどんなだったかわかりませんが、紛れもなく小松亮太のタンゴだな、とは思いました。

往年のスタンダード・タンゴからははずれますが、映画音楽の「ラスト・タンゴ・イン・パリ」では、アコーディオンとバンドネオンの共演が聴けますし、「Sacrifice」、「未来へのプレーバック」ではクロスオーヴァー風のタンゴではないジャンルのバンドネオンも聴けます。これらもいい曲だと思いました。


小松亮太/碧空 昭和タンゴ プレイバック [HMV]


今日、小松亮太の相模大野公演、聴いてきました。とてもよかった。これについては、また後日。

« “私的”モバイル通信環境・決定版「AIR-EDGE」 | トップページ | 小松亮太、相模大野にあらわる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196359/47487966

この記事へのトラックバック一覧です: [聴了]碧空~昭和タンゴ・プレイバック/小松亮太:

« “私的”モバイル通信環境・決定版「AIR-EDGE」 | トップページ | 小松亮太、相模大野にあらわる »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31