LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« 円高になったらKindle買おう | トップページ | 「IS02」いまさらアップデート »

2011年8月 1日 (月)

さようなら、いままで音楽をありがとう~CS-PCM放送・MusicBird~

先月7月24日、アナログテレビジョン放送が終了したのにつづき、昨日7月31日、CS-PCM音声放送(ミュージックバード;衛星デジタルラジオ)が終了しました。

といっても、よほどのオーディオマニアでもなければご存じないとは思いますが…。
スカパーのラジオ版と言えばわかってもらえるでしょうか。パラボラアンテナを立てて聴くラジオです。

私Hには、それなりに思い入れが深いですので、取り上げさせてもらいます。

スタートは1992年

CS-PCM放送が開始されたのは今から19年前の1992年6月のことです。
鳴り物入りでスタートしたのを覚えています。
当時高校生でFM fanやレコパルを愛読するオーディオ青年だった私には、CDを超える高音質で放送されるCS-PCM放送はとても魅力的に映ったものです。

開始当初は、2衛星、6社、各局3チャンネルの合計18チャンネルでの放送でした。(Wikipediaによる)

基本的にジャンルごとに特化した専門チャンネル。
クラシックチャンネルは1日中クラシックばかり、ジャズチャンネルならジャズばかり、かけてくれます。

限られたお小遣いのなかでCD購入費用をどうやりくりするかが、当時私Hの抱えていた大きな問題でした。
CS-PCM放送のチャンネルのなかには、新譜CDを1枚をそっくりそのまま流す番組もあったりして、音質もDATに録音すれば劣化ゼロ。
月額聴取料もCD1枚分程度だったので、とても期待は大きかったです。

なお、1992年というのはオーディオの当たり年で、その後広く普及するMD(ミニディスク)や、まったく普及しなかったDCC(デジタルコンパクトカセット)もこの年の登場です。

CS-PCM放送のもうひとつの期待

オーディオ的に興味を惹かれるというだけでなく、なぜか、人気声優がパーソナリティをつとめるアニラジ系番組が豊富であったことも関心の的でした。
当時そこそこオタッキーだった私は、お気に入りの声優の番組があることに胸ときめかせたものです…。
地方在住で、それ系の番組は、雑音と闘いながらのAM遠距離受信に頼っていた私Hには、CDを超えるDAT音質で聴けるなんて夢のような環境でした。

導入を阻んだもの

それほど期待の大きかったCS-PCMですが、実際私が導入したのはもっとずっと後のことになります。

というのも……

高級オーディオ機器と位置付けられ、チューナーが15万円近くするような代物でした。

高校生にそんな初期投資、工面できるはずもなく……

その後チューナー価格は少し下がりはしましたが、数万円クラスという時代がつづきました。

聴取したい人自身が高額なチューナー&パラボラを用意しなければならない、しかも、開始当初は2衛星体制だったので、聴取したい局の衛星が別々になってしまうと2本のパラボラを立てなければならない、というとんでもない制約があったりして、加入者は伸びなかったようです。

チューナーは超高級機、目玉番組は、アニメ・ゲーム系。
このギャップは一体何だったんだろう…

そんなわけで、登場時の盛り上がりとは裏腹に、CS-PCM放送を取り巻く環境は非常に厳しいものとなっていきます。
たった1年後には、2社が閉局。その後も吸収合併が相次ぎ、1996年には最終的にTOKYO FM系列のミュージックバード1社体制になりました。
(契約する方としては格段にわかりやすくなりました。また、チューナーのレンタルも始まり、初期費用の問題は解消されました。)

ようやく導入

私Hの方では1998年頃、チューナーが3万円程度まで下がったのを期に、ようやく念願の導入となりました。

当初の目的の一つだったアニラジ系はほとんどなくなってしまいました。
かろうじてアニソン番組が1つくらい残っていたのですが、それもいつの間にか消えてしまいました。

メインの目的はクラシックだったので、アニソン番組が消滅したあとは、クラシックチャンネルのみの単チャンネル契約に移行し、細々とエアチェックを続けておりました。

最後の3ヶ月

これで最後かと思うと、ラスト3ヶ月はパソコンをフル稼働させ、細々どころでは済まない録音時間になりました。(Rさんに電気代が高くなったと怒られました…)

月額630円で、全部CD購入してたら何十万円になるか分からないくらいの音源をHDDに溜め込みました。(テラバイト級)

これから数年のオーディオライフに、この埋蔵音源をすこしずつ採掘していくという、楽しみが加わりました。

Onkyo_t420csm

それにしても、CS-PCMチューナー 「ONKYO T-421CSM」 は10年以上も故障もなくよく頑張ってくれました。

昨日は、「いままでありがとう、お疲れ様…」と声をかけて電源を切りました。

・CS-PCM放送MusicBird CLASSICチャンネル2011/7/31 23:59~ 「MusicBird_1107312359.mp3」をダウンロード [MP3]

あとは200巻近くあるDATテープの整理(HDD取り込み)が残っているなあ……こいつも大仕事……

« 円高になったらKindle買おう | トップページ | 「IS02」いまさらアップデート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196359/52369159

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、いままで音楽をありがとう~CS-PCM放送・MusicBird~:

« 円高になったらKindle買おう | トップページ | 「IS02」いまさらアップデート »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31