« [LinuxMint12]GRUB2をPBRに再セットアップ、MBMによる2段階ブートにしました | トップページ | 佐村河内守「シャコンヌ」コンサートを聴いてきました »

2012年2月28日 (火)

省電力PC自作・その後2~電源ACアダプタ化により準無音化

省電力パソコン自作・その後』 のつづき

自作PC 『SIEGFRIED 』の電源を ちょっと衝動的に ACアダプタ化してしまいました。

いままでの400Wのごく普通のATX電源から、こちらの84W ACアダプタタイプの電源に。

(セット内容)

Img00208

本製品の周辺機器用の電源コネクタはSATAタイプのコネクタのみです。
DVDドライブは、旧式のATAPI(IDE)に、IDE-SATA変換基板を咬ませて接続しているので、4ピンペリフェラル電源コネクタの変換ケーブルも別途購入が必要でした。

Img00209


こいつのDC-DCコンバーター(私Hのいる業界では「でこでこ」と呼ぶ)にはSTマイクロのICがいっぱい載っていました。

Img00210

消費電力を測ってみると、(カッコ内は前の400W ATX電源での値)

 アイドル   約22W(←約35W)
 ピーク   約42W (←約45W)

安物ATX電源からの交換でアイドル時の消費電力は激減しました。すばらしい。

まあ、電源パーツ換えたからといって、パソコンの性能向上的なメリットは何一つありません。
電気代は節約になるでしょうが、電気代は家計から払われますから、私Hの小遣い支出が抑えられるわけではないし、電気代が減った分、私Hの小遣いが値上げされるわけでもありません。
でも、電力不足の折、省エネルギーに貢献できましたし、電気料金の値上げが取り沙汰されるなか、我が家の家計にも少々貢献出来るので、無駄な投資ではなかったと思い込むことにします。

それよりも感動したのは、パソコンがほぼ完全に無音になったこと。
あまりに静かで、ディスプレイがOFFだと、パソコンに電源を入れていることを忘れてしまいそうなくらい……
オーディオPCには大変良いかも、です。
ノートPCのVAIOさまがうるさく感じられるようになりました。

« [LinuxMint12]GRUB2をPBRに再セットアップ、MBMによる2段階ブートにしました | トップページ | 佐村河内守「シャコンヌ」コンサートを聴いてきました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 省電力PC自作・その後2~電源ACアダプタ化により準無音化:

« [LinuxMint12]GRUB2をPBRに再セットアップ、MBMによる2段階ブートにしました | トップページ | 佐村河内守「シャコンヌ」コンサートを聴いてきました »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック