LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月22日 (日)

スペシャルクーポン使ってIS02からIS11Tに機種変更(その3)

昨日のもやもやを、早速手にした au IS11T の通話機能チェックも兼ねて販売店に問い合わせました。(もちろん無料通話分を使って…)

【質問内容】
一括払いでも「頭金」は要るのか?
「頭金」は「本体価格」の一部ではないのか?(少なくともレシート上は区別されていないが。)
「頭金」に、クーポン割引が適用されないのは何故か?

【店側の説明の概要】

「頭金」は、本体価格の一部を構成するものではないそうです。
一括払いも分割払いも関係なく、「頭金」は販売店が決める金額で販売店に入るお金、本体価格はキャリア(au)が決める金額。
「頭金」は利用期間やオプション加入等で免除することもあるが、今回は当店の規定より利用期間が短いため必要。

私H「じゃあ、頭金というのは販売店に入る手数料的なもの?」
店側「まあ、そんなものです。」

というように、携帯電話購入における「頭金」とは、一般的なローン契約での「頭金」と意味合いが違うらしいです。

さらに、

私H「いまの説明は、契約約款とか、注意事項とか、そういうのをキチンと読めばどこかに書いてあるの?」

と問うたところ、それはどこにも書いて無いんだって。(これについては、店員の知識不足という可能性も否めない)

そして、レジのシステムの関係上、「頭金」と「本体価格」をまとめた形でしか発行できないそうな。

店側「分かりづらくて申し訳ございません」

結局、根拠らしきものは、何一つ提示されませんでした。
契約約款とかに明文化されていないらしいので、本当に払う必要があるのかどうか分からないし、本当にクーポンが適用できないのかどうかも分からないし。

確かに支払った現金は0円ですが、au ポイント1050ptは私H自身が貯めたものですから私Hのお金同然です。
私はね、自分が払うものに対して、スッキリ納得したいだけです。

これがね、最初から

 なんたら手数料(頭金)  1,050円
 機種本体価格      14,700円

という風にレシートに打たれて、販売手数料にはクーポン割引が適用されない、と説明されるなら、まだ納得できるんです。頭金は本体価格と違うのだ、と。
(クーポン割引適用可否の疑問は残りますが…)

販売店とキャリアの間にどんな約束事があるかは知りませんが、そんなこと一般ユーザーには関係ないこと。
本当にもっと分かりやすくならないものなんですかね、携帯電話の契約って。

(タダ同然で端末ゲットして1円も料金払わない客に言われたくないかも知れませんけどね)

ちなみに、0円購入したIS11Tは、5円(3円)回線だったIS02からの機種変更です。
この機種変更により「IS01/02割」は残り3か月分を残して消滅しました。
だから実質的には0円ではなく、最低でも3か月分は基本料金を支払うことになります。

 980円(タイプSSシンプル)×3+α(IS NETなど)

と考えるべきでしょう。
それでも3千円くらいで、十分安かったことには変わりありません。

私Hのスマホたち。 ぜんぶキーボード付き 。
上からau IS02 , docomo Optimus Chut(L-04C), IS11T REGZA Phone

Mysmaho0

Mysmaho1

2012年7月21日 (土)

Kobo touch 予約購入 kindle 待ちきれず

なかなか立ち上がらない日本の電子書籍ビジネスですが…

私H、ずーっと前から電子インク(電子ペーパー)の読書端末が欲しくて、Amazon kindle やSony Reader を狙っていました。GALAXY Tab に読書アプリで読んだりもしてみましたが、やはりバックライトが光る液晶画面は読書向きではないと感じます。
その点、電子インクなら、紙と同じような特性が得られるというので、試してみたかったのです。

円高が進んだら kindle を米国Amazon から個人輸入するぞ、と思い続けていたのですが(実際、円高は想像を遥かに越えて進みましたが)、
そうこうしているうちに、日本でのサービス開始がアナウンスされました。

すると、また新たな陣営 楽天が、電子書籍ビジネスに名乗りを上げ、すごい戦略的価格設定でものすごいスピード感をもって電子書籍端末をリリース。
Amazon の先手を打ってきました。

kobo Touch  7,980円

Amazon Kindleの動向がいまいち見えないなか、様子見、様子見、と自分に言い聞かせていたのですが…

7,980円という比較的手を出しやすいお値段と、事前購入予約でポイント大量発行(3000pt(すでにこのキャンペーンは終了してます)+ポイント倍付けキャンペーンてんこ盛り)というエサに釣られて、先日とうとうポチっと押してしまいました。

Kobo_rak_spec_2

楽天に公式発表されている仕様だけだと、対応フォーマットはEPUB、PDFだけ…とかなり不満なのですが、

カナダkobo社(現在は楽天の子会社)のサイトに掲載されていたスペックだと…

(7/21現在、楽天とのサイト統合のせいか見られなくなっています。このスクリーンショットはGoogleのキャッシュから取りました。)

Kobo_canada_spec

[Supported File Formats]
 Books: EPUB, PDF and MOBI
 Documents: PDF
 Images: JPEG, GIF, PNG, BMP and TIFF
 Text: TXT, HTML and RTF
 Comic Books: CBZ and CBR

…と、かなり対応フォーマットが多いようだし、
日本国内では発売予定のない、他のkobo社製端末との比較表では…

Kobo_canada_spec2

…と、ウェブブラウザ(ただしexperimental browser)を搭載していることが分かったり…

何か隠し機能とかが他にもありそうで、ちょっとワクワクしています。
ひょっとしたら日本市場向けに潰されている機能があるかも知れませんが…

すでに7/19より、サービスは開始されていますが、予約するのが遅かったので、ショップ(私Hはポイント率の高かった Joshin に注文)からは出荷遅延(7/下)のお知らせがありました。

う~ん、すぐ触りたかったのに残念。

届いたらレビュー書きますのでお付き合い下さい。

2012年7月20日 (金)

スペシャルクーポン使ってIS02からIS11Tに機種変更(その2)

翌日、某家電量販店のケータイコーナーへ機種変更の手続きをしにいきました。

前日の説明と違って、

店員「お客様は、前の機種の利用期間が2年未満ですので、頭金1,050円頂戴いたします。昨日は、ご案内が漏れ申し訳ございません。」

私H「それはクーポンからは出ないの?」

店員「できません。でもauポイントが貯まっていますので、こちらを充当できます。」

ふ~ん、そんなものか…なんとなく違和感を感じつつも、その理由をその場ではっきりと認識できない、頭の回転の悪い私Hは、

私H 「(どのみち0円には変わらないのだから、まあいいか…)じゃ、それでお願いします。」

と、しぶしぶ了解しました。
手続きに1時間ほどかかるというので、IS02とクーポンを預けて、ちょっと店内をぶらぶら。

(1時間後)

変更手続き自体は大きなトラブルなく、いや、ちょっとありました…

・auICカードの再発行を勧められました。
 なんでもEメールで不具合が生じる可能性があるとか。
 → この回線で Eメール は使う予定がないのと、面倒だったので
  私H「そのままでいい。問題起こったらauショップ行く。」

・プラン・オプションの再確認
 店員「お客様はパケット定額に未加入ですので、現在のプランSSシンプルではパケット代が青天井になります。プランEシンプルですと、無料通話はなくなりますが、パケット代に上限がありますが…」
 私H「(無料通話がちょっと欲しいので)今のままで結構。」
 私H「モバイル通信オフにして、オールWi-Fi 環境で使う。3G(パケット通信)を使うつもりはない。」
と伝えたら、
 店員「3Gをオンにしないとメール送受信やスマートパスが使えませんが…」
 私H「メールは使わない」
 私H「スマートパスははじめ付けなきゃならないと言われたからOKした。すぐにはずすつもりだった。」
 店員「3Gオフ ではご利用になれませんので、付けないこともできます。」
 私H「なら、そうしてください(願ってもない)」

ということで、有料オプション「スマートパス(月390円)」は入らなくても良いことになりました。(オプション解除する手間がひとつ消えました)

あとは、IS11Tの状態を確認して、問題なかったので総額0円の支払いをしにレジへ。

これがそのレシート

20120719_000904

やっぱり何か腑に落ちない………

   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

家に帰ってから、もやもやがハッキリしてきました。

よく考えたら一括払い(割賦購入ではない)の購入になんで「頭金」が必要なの?

それに、 私Hが持っていたのは、最大21,000円まで割引できるクーポンのはず。

利用期間が短いため本体価格に1050円上乗せというのは、百歩譲って認めるとして、頭金部分にはクーポン適用できない、とする理由は如何なるものか

レシートを見る限りは、本体価格が、15750円になっただけで、14,700円(クーポン適用できる部分)と1050円(クーポン適用出来ない部分)とに分けられる理由が何一つ見当たらない。

┌──────────────────────┐ 

  au IS11T(K) シロロム 1点    1
  au IS11T(K) カゾウセ 1点 15,749 ←???意味不明だけどまあいいや
  合計              15,750 

  金券支払(AUポイント)     1,050 ←頭金分(自分のポイントが消費される)
  金券支払(AUキャンペーン) 14,700 ←本体分(スペシャルクーポンから充当

└──────────────────────┘

これって

 1. ただの店員のミス?
 2. 頭金というもののせい?

1.ならよいのですが、2.ならば、納得いく説明をもらってないからです。

もう時間も遅かったので、 翌日 このあたりのこと販売店に問い合わせることにします。

(つづきます)

2012年7月19日 (木)

スペシャルクーポン使ってIS02からIS11Tに機種変更(その1)

いま私Hがメイン使いのスマートフォンは、ドコモのOptimus Chat L-04C です。
ヤフオクで5000円弱で手に入れた白ロムのOptimus Chat に、ドコモと回線契約のあるGALAXY Tab のUSIMカード を挿してます。だから、その気になれば電話も出来るしSMS の送受信もできます。でも節約(バッテリーや通話、通信)のため常時機内モードですが。(機内モードでもWi-Fi は使えるんだすね。Wi-Fi が使える飛行機なんて普段乗りませんが…国際線?ビジネスクラス?)

このOptimus Chat君、スライド式のQWERTYキーボード搭載で文章作成にはもってこいなのですが、スマートフォンとしてはエントリークラスのモデルだったため、画面解像度が低いのと、画面自体がそもそも小さいのと、ワンセグも、おサイフも無いのがちょっぴり不満でした。

一方、私Hは、サブのスマートフォンとして、auのIS02を使っています。こちらもスライド式のQWERTYキーボードを搭載していますが、いかんせんOSがWindows Mobile 6.5.3というあまり(ほとんど?)普及していないOSなので、使いやすいアプリもあまりなく(というか、マイクロソフト社は公式のアプリマーケットを閉鎖するという、ユーザー切り捨ての暴挙に出ました)、あまりスマートフォンらしく使っていません。ただ、契約したタイミングが良かったので、2年間5円※で回線維持ができ、かつ無料通話も月1000円もらえるということで、ときどきは「ただの携帯電話」として使っていました。

※ユニバーサルサービス料だけ。ユニバーサルサービス料はときどき見直されるので、正確には時期によって 8円ケータイだったり、5円ケータイだったり、3円ケータイだったりします。

    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

さて、前置きが少し長くなりました。

20120718_014157

少し前にauから「スペシャルクーポン」なるものが届いていました。IS01、IS02ユーザーを対象に、このクーポンを使うとIS11TかIS12Tを21,000円引き、その他のスマートフォンも5250円引きで機種変更できるというのです。

20120717_194707

20120717_194730

ちょっと気になる文言は、

 “誰でも割またはスマイルハート割引へ「同時にご加入」で、auスマートフォンを特別割引いたします”

というもの。すでに誰でも割に入ってる私Hはどうなるの?
このクーポンを使ったら、あと3か月で晴れて誰でも割2年縛り満了のはずが、今月から再び新たな「2年縛り」がスタートする?できれば(というか絶対に)それは避けたい。

新しい端末を手に入れつつも、次の2年間が3円ケータイとならないからには、誰でも割の更新月でつつがなく解約したい、というのが本音ですから。

そんな不安をかかえつつ、いくつかのケータイショップを下見していると…
機種変更本体一括払いの価格は、

 IS12T  9,800円(毎月割1050円×24)実質-15,400円!?
 IS11T 25,200円(毎月割1050円×24)実質0円

というところが分かってきました。

IS12Tがだいぶ叩き売られていますが、OSはちょっと未来が見えないWindowsPhone7.5(IS02の二の舞…)、ハードキーも、ワンセグも、おサイフもないということで、求めているものとは違いました。
高性能のカメラ/動画機能はちょっと魅力でしたが…Wi-Fi 付き軽量ムービーカメラとして。

やっぱり、IS11Tの方が 凡庸なAndroid端末ではありますが、ワンセグも、おサイフも入っており、なによりQWERTYキーボード付きということで、私の求めているものであろうという思いを強くしました。

    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

さて、これでもクーポン行使でIS11T本体が4,200円で買えるのですが、

昨日訪れた某家電量販店のケータイコーナーでは IS11T 機種変更 一括払い 14,700円の値札が…。

Camerazoom20120718185453341

最大21000円引きのクーポン行使で本体0円で購入できることが分かって、勇んで機種変更の申し込みをしました。
(時間が遅かったので実際の機種変更手続きは翌日することに)

なおさっきの誰でも割 2年縛りに関する懸念点はなにも問題ありませんでした。

考えてみたら、加入中の誰でも割にさらに誰でも割を付けるのも変な話で、もしどうしても「同時にご加入」するならば、いったん今の誰でも割を解除しなければならないでしょう。それは24か月未満での途中解約になり解除料9,975円が発生するというおかしな話になってしまいますから…

上の解釈が正しいかどうかは分かりませんが、とにかく店員さんからは 誰でも割の加入月数などは現行のままなにも変わらず継続 という説明を受けています。

機種変更を予約したときの内容はこんな感じです。

【機種変更前】
 プランSS 980円
 IS NET なし
 パケット定額 なし
 IS01/02割 -1095円
 その他オプション 一切なし

【機種変更後】
 携帯電話機本体 14,700円
 クーポン特別割引 -14,700円
 プランSS 980円 ←継続
 IS NET 315円 ←追加
 パケット定額 なし  ←継続
 毎月割 なし
 auスマートパス 390円  ←追加
 その他オプション なし

IS NETとauスマートパスは条件(使わなければ後から外してもよい)ということで許容しました。

翌日、機種変更の手続きと、0円の支払いの手続きとがあるわけですが、

私Hが携帯関係の契約をすると、やっぱり何かありました……

(つづきます・・・)

2012年7月16日 (月)

カブトムシ産まれ(?)ました!

6月に入ってから静かになっていたカブトムシの飼育ケース。

最後に確認した幼虫が12匹、全員に蛹になれたのかは不明です。

ここ2,3日、飼育ケースからガサゴソと音がしたり、穴が掘り返されているような様子があると思っていたら…

本日、 カブトムシ、オス1匹が 産まれ 羽化していることが確認できました。

なんかウレシイですね。
残りの11匹も無事成虫になってくれるとよいのですが…

文句言いつつも コバエと闘いながら献身的なお世話をしてくれたRさんに感謝します。

Kabutomushi_120716

2012年7月 7日 (土)

パブロ・シーグレル“ブエノスアイレスの四季” 公演を聴いた

一昨日の7月4日、
ピアソラ五重奏団のピアニストをつとめたパブロ・シーグレル氏のコンサートを聴いてきました。
ピアソラのバンドのメンバーだった人の演奏をナマで聴くのははじめてだったので、期待は大でした。その期待に違わずとても素晴らしい演奏でした。

アストル・ピアソラ没後20年記念
ブエノスアイレスの四季
パブロ・シーグレル(ピアノ/指揮/作曲/編曲)
パブロ・シーグレル・フェスティバル・オーケストラ

2012年7月4日
東京オペラシティコンサートホール:タケミツメモリアル(初台)

20120705_002956

 

[曲目]

[第1部]
 シーグレル:《ブエノスアイレス組曲》より「アスファルト」
 ピアソラ:天使の序章
 ピアソラ:イマヘネス676
 コビアン:郷愁
 ピアソラ:リベルタンゴ
 ピアソラ:忘却
 ピアソラ:《ブエノスアイレスのマリア》より「フーガと神秘」

[第2部]
 ピアソラ:《ブエノスアイレスの四季》(P.シーグレル版 日本初演)

[アンコール]
 シーグレル:風のミロンガ
 ピアソラ:《ブエノスアイレスのマリア》より「フーガと神秘」
 シーグレル:石蹴り遊び

--------------------------------------------------------------------------

演奏曲目は、どれもCDで何度も聴き知っている曲ばかりでしたけれど、それでもやはりナマで演奏を聴くと、CDを何十篇聴いても得られないもの(感動?喜び?)があることを思い知らされました。

「リベルタンゴ」は、それこそいろんな演奏家の何十通りもの演奏を何百回となく聴いてきたわけですが、今回聴いたシーグレルのリベルタンゴは、ジャズの語法が前面に出た、いままでの誰の演奏とも似ていないとてもユニークなリベルタンゴという感じがしました。
(この曲はまだまだどんな演奏が出てくるのか、考えると楽しくなりました。ヨーヨー・マしか知らなかったらもったいない?!)

パブロ・シーグレルという人は、若いころはクラシックを学び、その後ジャズピアニストとして活動していたところを、ピアソラに拾われてモダン・タンゴの世界に足を踏み入れた人という風に理解していますが、彼の音楽はやはりジャズに裏打ちされているんだなあと感じました。(私H、ジャズのことは全然分からないんですがね…)

シーグレル氏自身の作の曲はもちろんのこと、ピアソラ作の曲「リベルタンゴ」、「ブエノスアイレスの四季」などでも、ジャズ風の即興的なピアノが入り、シーグレル氏の本領発揮という感じでとても格好よかったです。こんなのクラシック畑のピアニストには絶対に弾けないだろうな、と。

ピュアなクラシックの人だと卒倒してそまいそうな、楽器の胴を叩く打楽器的な奏法(タンゴではよくやる)もバンドネオン、コントラバス、そしてグランドピアノでも見られて楽しかったです。

アンコールは3曲もやってくれるというサービス精神旺盛さ。アンコールのときに英語でスピーチしてくれたんだけど、半分も聞き取れないのは我ながら心底悲しくなりました。

私Hがよく見ていたピアソラ五重奏団のDVD「ライヴ・アット・モントリオール1984」では、ポロシャツとGパンのあんちゃんって感じだったシーグレル氏ですが、カッコイイ初老の男性になってました。
でも、演奏のクライマックスではイスから跳ね上がらんばかりだったり、時には楽譜を落としてバラけさせちゃったり、お茶目なところも見られて面白かったです。

--------------------------------------------------------------------------

シーグレル氏へのインタビュー記事 [東京オペラシティ公式サイトより]

2012年7月 6日 (金)

RaspberryPi オーダーしちゃった・・・

Raspberrypi_120706_1

巷で評判の手の平サイズのLinuxパソコン 「Raspberry Pi」
結構前からRSに登録していたのですが、ようやく発注できるというメールが飛んできました。

英国から直送で、 本体とケース、それに送料とで£30.54-。安い…
説明には、「関税・税金はお客様の負担です」みたいのがありましたが、さらにいくら費用がかかかるのでしょうか?よくわかりません。

でも勢いで注文してしまいました。

Raspberrypi_120706

12Weeksって、けっこう時間かかりますね。
気長に待ちたいと思います。

一昔前、電源プラグサーバーSheevaPlugを購入したもののほとんど使いこなせなかった苦い経験があるので、Raspberry Piは二の舞にはしたくないなあ……

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31