LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月22日 (木)

RaspberryPi 届く

発注から待つこと4か月。

昨日もうそろそろかなぁ~、と書いたばっかりのRaspberryPiですが、今日届いてました。

Raspberrypi

UKから発送のはずだけど  Deutsche Post のCN22(税関告知書?)が貼ってあった。
内容を書くと思しき所には「Pi & Accessories」。
って、そんなんでいいの?
海外発送がどういう仕組みなのか、いまいちよく分からない。
まあ届いたのだからよいか。。。

買ったのは本体(右)とケース(左)。

20121122_231304

プラケースに高級感はありません。むしろかなりチープな感じ。でもラズベリーの絵があしらわれていてカワイイです。

20121122_232017

プラケースの底に基板をはめたところ。

20121122_232159

プラケースの蓋をしたところ。

工具も何も要りません。プラケースに入れても全てのインターフェースにアクセスできるし(ピンヘッダは無理ですが…)、 ゴム足がついてて滑らないし、基板をむき出しで使うよりずっと安心できるので、この純正ケースは必須同時購入品と言えるかもしれません。

本当にちっちゃい。

どんなサーバーに仕立ててやろうか……
かなりワクワクしてます。

しかしこの三連休は小旅行に行きますのでRaspberryPiちゃんと遊ぶのは、ちょっとお預けです。

RaspberryPiそろそろ届くかな……

昨日、RSコンポーネンツから「 Raspberry Pi (ラズベリーパイ)の最新出荷状況に関して 」というタイトルのメールが届きました。

Raspberrypi1

7月に注文してから、まだかまだかとず~っと待っている状況ですが、どうやら私HのRaspberryPiは、RAMが512MBに強化されたバージョンが届くようです。

私Hの Order Number は 1010150*** なので、ひょっとしてもう工場は出ていますか。

Raspberrypi2

もう少しの辛抱のようです。

ちなみに RaspberryPi というのは、たったの三千円位で超小型パソコン・サーバー(Linux)に仕立てられる基板です。

Raspberrypi0

2012年11月20日 (火)

Kindle出荷は来年!?

数年来欲しいと思っていたアマゾンの電子書籍Kindleが、ついに日本でもサービスイン、端末も昨日発売されました。
Kindle Paperwhite

 

私Hも、すぐにでも飛び付きたかったクチなのですが、

 今年7月には、待ちきれずに楽天koboに浮気してしまった身。電子書籍端末をいくつも増やすのもどうかなあ……

 それに、Kindle Paperwhite と Kindle Fire HD どっちも魅力だけど、両方買える程裕福じゃなし、どっちにしよう……

 さらに、Kindle Fire HDにするなら、別の7型タブレットという考え方もあるよなあ……

と、あれこれ思案した結果、

 「Kindle Paperwhite なら衝動買いしてもよかろう。」

とようやく気持ちがかたまって、ポチっとやろうとしたら、

ありゃりゃ、

Kindle paperwhite の出荷予定は、2013年1月12日になってしまいました。
Kindlepaperwhite

 

2ヵ月待ちは微妙だなあ、ってことで、待たずに買えるようになる日まで、私Hの中ではKindleは、様子見になりました。

 

Kindle Paperwhite で考慮した点
・オーディオ機能がなくなってしまったのが残念。(Text-to-Speech機能が英語学習に役立つかと…)
・でも、英和辞典内蔵(プログレッシブ英和中辞典)なのは、洋書を読むのに素晴らしく良い。
いま使ってる(最近あまり使ってない)楽天のkobo touchは、社内公用語を英語にする会社の製品だけのことはあって内蔵辞典は英英辞典のみ。(英語の勉強が捗りますか?)
 それだけでも KoboTouch から Kindle に乗り換える価値は大いにあり。

私Hは、今のところ洋書を読む人間ではありませんが、George Orwellの「Nineteen Eighty-Four」はいつか原語で読み切りたいと思っています。

 

なお、Kindle Fire HD も一瞬良さそうに思いましたが、こいつは汎用タブレット的な使い方になりそうなので、Googleの Nexus7 に Android版Kindleアプリ入れてもそんなに変わらないんじゃ……(むしろハードウェア的にはNexsus7の方が高機能?)、と思い直しています。
こっちは、私Hのバースデイに間に合いそうなんですがね…

Kindle Fire HD

2012年11月 5日 (月)

短かったパケホーダイ生活の感想(3)

普段は、すべてのモバイルデータ通信を イーモバイルのPocket WiFi(GP02)に集約して、通信費を抑えていますが、先月10月は、約10日間だけ、Xiパケホーダイライトに契約していたので、短い間でしたがパケット使い放題ライフを体験しました。

ところで、Xiパケホーダイに契約しパケット使い放題になったら、何にも気にすることがなくなったかと言えば、そうでもありません。

データ通信量が、 フラットとダブルは 7GB、ライトでは3GBに達するとその後の通信速度が128kbpsに制限されてしまうというのが気になるところ。
(2GBあたり2625円の追加料金を払えば速度制限を解除できますが、普通はやらないでしょう…)

私が10日間ばかし契約していたXiパケホーダイ ライトは、3GBを超えると速度制限がかかるので、折角だからそこまで達してみよう、とかなり頑張って通信してみました。
しかし残念ながら10日間では、2GBにも届きませんでした。

20121031_073350

上記はムリにパケット使おうとした結果なので、かなりヘヴィな使い方をしない限り、大部分の方にとってフラットは必要なく十分ライトで収まるのではないでしょうか。(ライトにしても、元々バカ高いフラットの5985円からたった1050円安いだけですけどね)

自宅に光回線もADSLも引かず、PCのインターネットもスマホのWiFiテザリングで済まそうとしたら、3GBどころか7GBもいっちゃうかもしれません。
でも、この実効速度(前記事参照;私Hの生活圏におけるXi通信環境)でPCのインターネット回線もまかなおう、ってのはかなり無理があると感じます。

私Hの場合は、自宅は光回線、モバイルはイーモバイルで満足してます。
docomoのケータイメールアドレスも特に要りませんので、spモードはすっぱり解約してしまいました。
spモード契約がなければパケット通信ができませんので、Xiパケホーダイをどのタイプにするかでも悩むこともありません。

【ご注意】
スマートフォンでも「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが使いたい場合は、「spモード」の契約が必須です。この状態でパケット定額サービスのみ解約することは可能ですが、操作ミス、設定ミスなどから間違ってパケット通信してしまうと下手すれば、高額請求でパケ死するおそれがあります。
また、最低限ダブルを付けておかないとお使いの機種によっては月々サポートを捨てることになります。(そもそも月々サポートがない機種なら問題ない)
パケット定額サービスの解約は慎重に決めてください。


10月分は 1万円弱かかった携帯料金も、11月分からはユニバーサルサービス料だけの 3円(このまま通話しなければ)になることが、My docomoで確認できました。

20121104_194858 20121104_194814

2012年11月 3日 (土)

短かったパケホーダイ生活の感想(2)

20121029_075252

普段は、すべてのモバイルデータ通信を イーモバイルのPocket WiFi(GP02)に集約して、通信費を抑えていますが、先月10月は、約10日間だけ、Xiパケホーダイライトに契約していたので、短い間でしたがパケット使い放題ライフを体験しました。

そのときスピードテストなどをしましたので、結果を載せておきます。

ドコモのXi(LTE) と LTEではないイーモバイル(42M) を比較して、驚きのXi惨敗の結果となっています。

※もちろん使用環境( エリア 、 時間帯 など)によって結果は変わってくると思います。あくまで一例と捉えてください。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

ある平日の朝、通勤電車の中。

しっかりLTEマークが出ていましたが、本当にこんなものしか出ませんでした。

下り0.74Mbps ってこれ理論値(75Mbps)の1/100しか出ていません。

20121029_075035

道理でストリーミング動画なんて見られないわけです。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

一方、Pocket WiFi (イーモバイル42M)は、
下り8.49Mbps まずまずの成績。

20121029_075153

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

一応付け加えておきますが、ドコモのXi(LTE)も いつもいつもダメダメなわけではなく、

少し駅から離れた、あまり人気のない区画にある私Hの勤める会社周辺では、まあまあの結果が得られました。

下り4.17Mbps(最大75Mbpsのサービスを謳うからには、もうちょっと頑張って欲しい気もしますが…)

20121029_083029_2


そんなわけで、私Hの短いパケホーダイ生活の中ではありますが、ドコモのXi(LTE)は、イーモバイルのLTEではない 3G(3.9G?)に一度も勝てませんでした。

これでは、月額4,935円 (Xiパケホーダイ ライトの場合) も支払う意義を全く見出すことができません。

2012年11月 2日 (金)

短かったパケホーダイ生活の感想(1)

先月21日、投げ売りモードに入った docomo Galaxy Note SC-05D を購入しました。
(投げ売りとはいっても、今年4月6日発売、たかだか半年前は最新モデルだったのですよ)

このGalaxy Noteをゼロ円で購入するための条件として、パケット定額サービス「Xiパケホーダイ ライト」(4935円)とビデオ見放題「VIDEOストア」(525円)、その他いろいろのオプション加入が必要でした。

普段、私Hは全てのモバイル端末のデータ通信を 月額2千円ちょっとのLTEではない「Pocket Wi-Fi 」(EMOBILE) に集約していますので、本当はドコモのパケット通信なんて使いたくはないのです。
でも、10月中は「Xiパケホーダイ ライト」を付けざるを得なかったので、月末までの約10日間、モバイルでビデオ観て、アプリもわざわざダウンロードして……というパケット使いまくり生活を体験しました。

実を言うとPocket Wi-Fiでモバイル通信するには、Pocket Wi-Fi の通信をオンにして、それからスマートフォンのWi-Fiをオンにして、と、ひと手間かかるのがちょっと面倒くさいです。
(Pocket Wi-Fiの通信もスマートフォンのWi-Fiもオンしっぱなしにしておくと、さすがにどちらのバッテリーも持ちません)
パケット定額を付けたスマートフォンなら、モバイルデータ通信をいつもオンしっぱなしにしていればよいので、そんな手間をかけずに、いつでもどこでもすぐにネットができてさぞ便利なんでしょう……
と思っていました。
実際使ってみて、とても快適だったか…といえば、う~ん、という感じでした。

20121028_193455

私Hの使用環境は、朝夜の通勤時の電車内でVIDEOストアのストリーミング動画を観るというものです。

ちなみに普段は動画サイトなど観ません。有料の見放題オプションを付けられたので試しただけです。これで往年のアニメなどを楽しむはずでした。

ところが…

VIDEOストアのストリーミング再生は、「普通」「きれい」「すごくきれい」が選べるのですが、

「普通」ですら、ビデオの再生がぶつぶつ止まります。

映像にノッてきたところで突然フリーズしたみたいになり再開まで1, 2分待たされるなんてざらでした。

これには恐ろしくストレスがたまりました。

もちろん、経路の全てがXi(LTE)エリアではないし、電車は高速で移動するし、車内はそこそこ混雑していますので、決してベストな通信環境ではないのは理解しています。
それでも、天下のNTTドコモの通信インフラもな~んだこんなものか…とガッカリするには十分でした。

ちなみに非LTEの Pocket Wi-Fi(EMOBILE)経由で同じVIDEOストアを観てみたら、「すごくきれい」でも止まることはありませんでした。

(もちろん使用環境、エリアによっては違う結果となることはあると思います)

ベストエフォートとはよく言ったものです。

かなり乱暴な推論ですが、
Xi(LTE)の通信速度がスペック上75Mbpsでも、100人でシェアすれば0.75Mbps。

これでは皆がストリーミング観だしたら帯域不足にもなるでしょう。

一方、スペック面では劣るイーモバイル42M(3G)でも、10人でシェアならば、4Mbps。

ドコモのインフラがショボいということは多分ないのでしょうが、利用者数の差がこの状況をもたらしているのではないでしょうか。

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

しかし、そんな事情はユーザーには関係ありません。

毎月5~6000円ものお金を取っておきながら、「普通」品質の動画すらストレスなく見せられないというのでは、どうにも納得できません。

こんなものに世の善良なスマホユーザーの皆様は、数千円も支払わされているんですよね……
おそらくどの携帯キャリアも状況は似たり寄ったりでしょうから、本当に携帯会社ってのは詐欺まがいの商売だと思いますよ。まったく。
(その恩恵にあずかって、ちょっと前の最新端末を超格安で使わせて頂いている私Hが言えた義理ではありませんが…………)
(回線が遅かったり、不安定だったりしても、安い、例えば月1千円位ならまだ我慢もできますが、月5千円は到底我慢できるレベルではないと思います、個人的には。)

10月末できっちり spモード、Xiパケホーダイ、VIDEOストア、その他オプションを全解約して、11月からは最低額運用(月3円)に移行です。

Docomo_kaiyaku

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31