« ミュージックライブラリの構築に(再)挑戦することにした | トップページ | アニメ『鬼滅の刃』にハマってます »

2020年6月22日 (月)

MET フィリップ・グラス「アクナーテン」を観た

MET(ニューヨーク メトロポリタン歌劇場)の Nighty Met Opera Streams で、フィリップ・グラスのオペラ「アクナーテン」を観た。

METのフィリップ・グラス作品の前作「サティアグラハ」は新宿の映画館まで観に行ったが、今回はインターネットの映像配信にて自宅で鑑賞。 ウチのテレビは小さいので、迫力にはちょっと欠けますが、ネット配信なので、好きな時間に見始められるし、一時停止もかけられるし、とても気楽な雰囲気で観ることができた。

Img_20200622_074546

「アクナーテン」CD音源は何度も聴いているけれど、全曲を通して映像としてみるのは初めて。

パピルスの中から飛び出してきたような動物の頭を被った神々(?)、ステージに浮かべて太陽に見立てた巨大なまん丸風船(どういう仕掛けか色が変わる)、大人数での一糸乱れぬお手玉、ジャグリング(どういう演出の意図なのか、体表がひび割れてジャミラみたい……)などなど面白い。太陽の色彩の美しさが印象に残った。

多くの人が演じて一つの音楽を作り上げるオペラって(正直よく分からない所もあるけど)何かすごいですわ。圧倒される。 (しかし感動的という点では、以前観た「サティアグラハ」の方が上だったかな?)

« ミュージックライブラリの構築に(再)挑戦することにした | トップページ | アニメ『鬼滅の刃』にハマってます »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュージックライブラリの構築に(再)挑戦することにした | トップページ | アニメ『鬼滅の刃』にハマってます »

フォト

無料ブログはココログ