LINK

最近のトラックバック

登場人物

  • H
    このブログのオーナー
  • R
    Hの妻
  • a
    HとRの娘。現在5歳。幼稚園年長組
  • Mime
    Hのモバイルパソコン。 Android勢に押され最近は出番が少ない
  • Siegfrid
    Hのデスクトップパソコン
  • Walkure
    RとHの共有デスクトップPC
  • Tristan
    Hの2台目ケータイ(PHS)HYBRID W-ZERO3の愛称
  • Isolde
    Hの3台目ケータイ(スマートブック) IS01の愛称
  • Milchstrasse
    私HのAndroidタブレットの愛称
  • VAIOさま
    ひょんなことからやってきた。 Notebookなのに我が家で一番高性能のPCだ。
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨロヅノコト」の記事

2013年1月30日 (水)

反原発な方たちのアルジェリア人質事件への反応について思ったこと

アルジェリア人質事件の報道も落ち着いてきましたが、

日本人10人、外国人7人の犠牲者をだしたプラント建設大手の「日揮」について、
一部のネットではなぜか『反原発』な人たちが騒がしかったです。

「日揮」が、石油や天然ガスのプラントを作る会社だと思っていたら、原子力の仕事もしている会社と知っての反応らしい。

Tweat0

六ヶ所村の再処理施設を手掛け、福島第一原発とも絡んでいる、とか一生懸命宣伝しています。

Tweat02

Tweat01_2

Tweat03

自業自得。日揮は被害者ではなく加害者だとでも言いた気です。

ですが、日揮が原子力の仕事“も”する会社だったとして、それが何だというのでしょうか?

Tweat04

この方は、日揮が原子力事業もやってるということ、それだけで、最初に自分が感じた好い評価を下げてしまうんですね。

Tweat05

「潰すか」って何なんだろ…

この人達は、「原子力」に関わりのある企業や人間は、邪悪で、人でなしで、糾弾されるべき存在、とでも思っているんでしょうか?
(思っているんでしょうね。きっと。悲しいけれど。)

石油でも、天然ガスでも、そして原子力でも、
幅広くエネルギー関連で頑張って来たんじゃないか、と思うのですが、

こんな風に言われてしまっては、浮かばれませんね。

   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Nikkei_wind(日経新聞社より)

「風力発電システムを作る 『日立  は原発メーカーです。念のため。」
※『 』内は三菱,東芝に置き換えても良い

もちろん原発メーカーの風車が発電する電気なんて使いたかないですよね。

こちらにも少し書いています。
 ⇒アルジェリア人質事件について(日揮と原子力)[とある原子力おたくの憂鬱]

2012年10月 7日 (日)

今日はニールス・ボーアの誕生日ということです

127年前 (1885年) の10月7日は量子力学で有名な理論物理学者ニールス・ボーアの誕生日ということです。

Googleで知りました。美しいですね、この原子模型。

Google20121007

2012年9月11日 (火)

飛行機から見た福島第一原発

先日、飛行機で新千歳から羽田に飛ぶ機会がありました。
太平洋が見える方の窓側の席で、天気も良かったので、 とても遠目ではありましたが、 重大事故を起こした福島第一原発を、 はじめて自分の目で見ることができました。

Fikuichi1

続きはこちらで

2012年9月 1日 (土)

飼育ケースの惨劇~カブトムシその後

いよいよ長かった夏休みが終わります。(もちろんaちゃんの…)
もう一月近く前のことですが、この夏起こった悲しい出来事の記録です。

  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

最初の一匹の羽化をこのブログでも紹介した我が家のカブトムシ。

 ⇒カブトムシ産まれ(?)ました!  2012年7月16日 (月)

その後、ポコポコと羽化しました。土の中に潜っている子もいて全員が一斉に顔を出すことはないので、最終的に何匹成虫になれたのか、正確には分かりません。少なくとも11匹の羽化を確認しています。

こんなにポコポコ出てきたものだから、飼育ケースが手狭になって、カブトムシ達はよくケンカをしていました。
それを眺めながら、「ずいぶんケンカっ早い生き物だなあ‥」なんて悠長に構えてました。

とまあ、ここまではよかったのですが……

先日、とうとう悲劇が起こりました。
(私はその場に居合わせておりませんでしたので、aちゃんとRさんからの伝聞です。)

aちゃんが、いつものようにカブトムシのお世話(ゼリー交換など)しようと飼育ケースのフタを開けたとき、信じがたい光景を目の当たりにしたそうです。

頭と胴が離れてバラバラになったたくさんの元カブトムシだった物体(全部で3匹分)。

そのかたわらで悠々とゼリーカップにかぶりついていた一匹の体格のよいオス。

小さめの飼育ケースに4匹詰め込まれたストレスフルな環境は、とうとう狂気を呼んだのです。

惨劇の後を目撃し、気丈にもバラバラ死体の始末をしたaちゃんは、少なからずショックを受けていたようです。(いまではすっかり立ち直っています)

そのカブトムシは、我が家では「殺人犯」と呼ばれています。
(きっかけを作ったのは我々と言えなくもないので、ちょっと可哀そうですが……)

    ◆    ◆    ◆    ◆    ◆   ◆

これからカブトムシを飼育される方は、くれぐれも過密対策を怠らないようにしてください。

2012年7月16日 (月)

カブトムシ産まれ(?)ました!

6月に入ってから静かになっていたカブトムシの飼育ケース。

最後に確認した幼虫が12匹、全員に蛹になれたのかは不明です。

ここ2,3日、飼育ケースからガサゴソと音がしたり、穴が掘り返されているような様子があると思っていたら…

本日、 カブトムシ、オス1匹が 産まれ 羽化していることが確認できました。

なんかウレシイですね。
残りの11匹も無事成虫になってくれるとよいのですが…

文句言いつつも コバエと闘いながら献身的なお世話をしてくれたRさんに感謝します。

Kabutomushi_120716

2012年1月18日 (水)

サブカメラを買いました GE E1480W

RICOH CX5 を手に入れてまだ日が浅いというのに、もう2台目のサブカメラを買ってしまいました。

理由は、とても安かったから。
いや、それだけではありません。それについては後で述べます。

購入したのは、このカメラ。『GE E1480W 』

Img00151


発売開始から2年も経った機種ですが、値段がものすごく安かった。5890円也

※RICOH やNikonを検討していた時も思いましたが、コンパクトデジカメは、初値の1/3くらいになったときが、その機種の終焉期、在庫処分の底値のような気がします。

数千円という、オモチャデジカメみたいな価格ですが、れっきとした8倍光学ズーム、1200万画素を備えたごくスタンダードなデジタルカメラです。

(画素数でいえば RICOH CX5 の1000万画素さえ超えますが、この価格帯のデジカメは高画素数=高画質とは単純に言えないようです)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~

ファーストインプレッションですが、

・ボディのひんやりとしたメタリックな質感に安っぽさは感じられません。

・非常に薄く、軽量なのもよいです。(発表当時光学8倍ズーム搭載機で世界最薄)

CX5 との比較
Img00153 Img00154

・液晶画面は残念ながらドットが粗く、ピント合わせや撮影した画像の細部確認はしにくい感じです。(RICOH CX5の液晶が良いだけに目立つ)

使い勝手や画質についての評価はこれからですが、おいおい書くかもしれません。書かないかもしれません。
(このような終焉間近のマイナー機種のレビューを求めている人がそんなにいるとは思えませんから)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~

購入に踏み切った ”安さ”以外の理由を述べますと、

■バルブシャッター、30秒までの長時間露出に対応

一般的なコンデジで、ここまでの長時間露出ができる機種はないでしょう。

■インターバル撮影もできる

一般的なコンデジでインターバル撮影ができる機種もそうないでしょう。

メインカメラにしているRICOH CX5にもインターバル撮影機能があるので、どちらかをインターバル設定で定点撮影しながら、もう一方で別の撮影ができるだろう、という考えです。

これらの機能は、こちらのブログ「小細工 in Hatena」さんで知りました。
機種は違いますが、ファームウェアの作りはだいたい共通のようです。
バルブシャッターとインターバル撮影が同時に使えないという弱点もそのまま引き継いでいました。

さらに・・・

■メーカーがあの 「GE」 。

トーマス・エジソンの流れを汲む、General Electronic 社製です。
ボディに渋く光る「GE」ロゴに惹かれたといっても過言ではありません。

Img00152
原子工学科の学生時代に見学した原発のタービン発電機にも、同じこのGEロゴがついていて、感慨深かったのを覚えています。
(そういえば福島第一の原子炉 Mark-I の開発メーカーもGEですね)

その GE製品 をこの手に持ちたかったというのが本当のところです。

まあ、デジカメはどこかのOEMでしょうけれど・・・(Made in China)

 ~ ~ ~ ~ ~ ~

もし、aちゃんが写真に興味を持ち出したりしたら、惜しみなく貸してあげられるデジカメになりましょう。万一、壊されたりしても金銭的損害は軽くて済みますから。

当のGEでは『映育』 なる活動を展開しているようですので。(全く伝え聞きませんが……)

私Hの少年時代は、 オーディオにしろ、一眼レフカメラにしろ、ワープロにしろ、父親の高価な機械にはなかなか触らせてもらえなかったけれど、

いまの子どもは幸せですね。

2012年1月15日 (日)

今年(2012年)は天文ファンになろうと思います

2012年、私Hのマイブームにしようと決めたことがあります。

それは「天文」です。

私H家族の住む街は、小惑星探査機「はやぶさ」のお膝元で、宇宙関連の話題との接触機会は少なくありませんでした。
それに加えて昨年12月、自宅のベランダから皆既月食がとても綺麗に見えたことも印象的でした。
さらに、今年の5月21日(月)には、東京でドンピシャリの金環日食が見られます。

そんなわけでこの歳になって、なんだか星空とか宇宙とかへの関心がむくむくと湧いてきました。

とはいえ、いままで星空観察なんてほとんどしたことがありません。
(せいぜい、北斗七星とカシオペア座のWと北極星の関係、オリオン座の三つ星くらいは見つけられる程度)
私Hにとっての天文知識は、理科のテストで点を取るのための知識でしかなかったのです。

そこで手っ取り早く本を集めて情報収集することにしまいた。

Img00146



読んでいるうちに、天体望遠鏡も欲しくなりました。
しかし、当然ながらどれもお値段が・・・。
私Hの小遣いではどうにもならないのか・・・と思ってたら・・・

Img00147

なんと1580円、超激安です。
とりあえず、これを試してみることにしました。

今から400年も昔に、かのガリレオ・ガリレイが木星とその4つの衛星まで観測しているんだから、望遠鏡なんて基本は結構単純なものらしいです。
目から鱗でした。



こんなに投資してしまいましたので、もう後には引けません。

さて、星空観察ファンへの一歩を踏み出す最大の障害は、早起きが大の苦手であること、そして、大変寒がりであることです。
まずはビギナーらしく(?)、観測しやすい時間帯(会社帰りとか、得意の夜更かしで対応とか)、および、暖かい季節を待つ、
で無理せずはじめたいと思います。

aちゃんも、今年の4月で小学生です。
もうすこし夜ふかしできるようになったら、aちゃんも引き込んでしまいましょうか。
プラネタリウムや星空観察会(市の博物館に天体観測室があるとか)にも、足を運んでみようかと……。

2011年12月25日 (日)

ただいまカメラ小僧中…[RICOH CX5]

新し く手に入れたデジカメ『 RICOH CX5 』

いろいろな被写体にチャレンジしております。

・野鳥

今住んでるマンションの池にやってくる鳥たち

カモ
Cx5_bird_1

カワセミ
Cx5_bird_2_2

・星空

三脚を買いましたので、星空にもチャレンジ。結構いけるものですね。

北斗七星
Cx5_stars_1

オリオン座
Cx5_stars_2

もっとうまい写真を撮れるように精進します。

2011年12月17日 (土)

再度デジカメ購入、今度は新品~リコー CX5

中古で購入したデジカメが、Nikon Coolpix S8100、同S9100と続けて初期不良に見舞われ、一時はもうデジカメや~めた、と思ったのですが、

うっかり皆既月食がそこそこ良い感じに撮れてしまい…

やっぱりデジカメは欲しくなってしまいました。

中古は懲りたので、新品。だけどお金がないので型落ち。
15,000円程度の10倍以上ズーム搭載という観点で機種選定しました。

RICOH CX5

後継のCX6が出たので価格が落ちています。CX6ではAFの合焦がさらに高速になったようですが、カメラとしての基本性能はCX5でもそんなに変わらないんじゃないかとの判断。
このCX5だって発売開始からまだ1年経っていないんです!なんて変化が速いんでしょう!!!

先にちょっとだけ触ったNikon Coolpix よりは動画が弱いようです。(Coolpixは1920x1080 Full HDでしたが、本機は1280x720止まり)音声もモノラル(CX6はステレオ対応)。

好感が持てる簡素な梱包
Img00119

色は手堅く渋めのブラックでいくか、カジュアルな感じのグリーンシルバーかでかなり迷いましたが、結局グリーンシルバーにしました。

クラシックなカメラ然としたブラックも捨てがたかったのですが、も少し遊び心があってもよいかな…と思いまして。

Img00122

実際手にしてみると、同じ機種でもずいぶん雰囲気が異なることに驚かされます。
これはこれで悪くなかったかな…と。

というわけで、やっぱりカメラ小僧になりました。
どんどん良い写真が撮れるように精進する所存です。


2011年12月11日 (日)

皆既月食~Coolpix S9100も一時復活

今宵の皆既月食、我が家のベランダからきれいに見えています。

いつもと違って赤黒い幻想的なお月さまです。

Coolpix S9100のレンズエラーがなんと奇跡的に復活。

一脚を持ち出して(三脚持ってないの(悲))、ベランダの手すりにぴったりくっつけて…

シーン撮影「打ち上げ花火」(S9100最長のシャッター速度:4秒(固定))に設定して最大望遠で撮影してみたら、コンデジにしてはなかなかよい感じに撮影できたのではないでしょうか。

Eclipse111210_3

実はこんな天体ショーを真面目に観察するのは、小学校5?, 6?年生のときの部分日食以来。
あのときも、ベランダからカメラ向けてたっけ……
もちろん相手は「太陽」なので、ちゃんとした機材でしかるべき方法で撮らなきゃ、光が強すぎて何も写るわけないんですが……ガキンチョだったんで何も知らずに無謀なことやってたんです。

今回は「月」なので4秒露光でなんとか写りました。

ほかの星はこのカメラでは難しいようです。
お月さまの近くにいらしたオリオン座も狙ってみましたが、何も写りませんでした。

天体撮影もこなせるデジカメが欲しくなってきたぞ……
(あれ、最近言うことがコロコロ変わるなあ……)

(12/11追記)

Eclipse111210_02
皆既から戻りつつあるお月さま

なお Coolpix S9100は、翌日再び「レンズエラー」続出の故障機に逆戻りしました。
S9100も皆既月食を撮りたかったのでしょうか・・・

より以前の記事一覧

Rakten

AD

  • HMVジャパン クラシック検索  

ads


2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31